diet ダイエットについてのページ

basic knowledge of the diet

ダイエットの基礎

皆さんがダイエットしようと思った時、やっぱり基本は「食べない」と考えると思います。赤ちゃんの体重を考えてベビーグッズ紹介所でダイエットに効果のありそうな道具や食事を探すのもいいですが、赤ちゃんも大人も関係なく、「食べない」という方法はあまりおすすめできません。「食べない」のが悪いのではなく、何の知識も無くむやみに食べないのが、体に良くないのです。では、どうすれば良いのかと言う事なのですが、ものを食べる前に、食物に注意してみましょう。例えば、外食やコンビニの弁当・付き合いで飲みに行ったりする人の場合どうしてもカロリーオーバーになりがちです。これは揚げ物やフライ・焼き肉系の高カロリーな物が多いからで、ファミレスのメニューやコンビニの弁当はほとんど800〜1000キロカロリーを超えているか、それ以上となっています。また、飲みに行けばビール1本で約250キロカロリー有るので、3本も飲んでおつまみ食べれば1000を軽く超えてしまいます、こんな食生活では体に悪いのは当然です。

 

その場合考えられる方法としては、食べる物を変える工夫をしるのがよいと思います。外食でしたら「そば」や「うどん」などの、さっぱりしたメニューが有ればそういったカロリーの低い物にすれば良いですし、コンビニの弁当はおにぎりやサンドイッチにするなど、出来るだけお弁当は自分で作っていくとか、お酒を飲みに行く日は昼間の食事を軽く済ませるなど、結果的に1日の総摂取カロリーが適正量に近ければ問題ないという訳です。また、1日3食は必ず取りましょう、朝食は沢山食べて夕食はその後寝るだけだから少しにするという話を良く聞きますが、朝から沢山食べる人はあまり聞いたことがありません。中にはそういう方もいるかも知れませんが、一般的にはとう話です。たくさん食べないとはいっても、朝食抜きとかは良くありませんので何か口に入れる事くらいはした方が良いと思われます。相撲取りが太る為に1日2食で腹一杯食べると言うのが有るのですが、これはダイエット用語で言うリバウンドを利用しています。体は1日に食べる回数を減らすと次はいつ食べられるか分からない為、脂肪を蓄積する動作に入ります、この逆で少ない量を1日数回に分けて食べると言う感じにすると常に血糖値は低い状態を維持し体が脂肪が必要無い物だと認識し、太りにくい体質になるのです

お腹が減って夜眠れないといったことが、ダイエット中にはおこりますが、そういう時は無理しないで食べても良いと思います。いわゆる間食になる訳ですが、その時の食べる物に気を付けさえすれば問題ないはずです。例えば、ポテトチップは1袋100グラム位で500キロカロリー以上有ります、ジャガイモって100グラムで80キロカロリー位なのですが、ポテトチップは、ほとんど油食べてるような物なのです。確かに美味しいかもしれませんがダイエットには天敵と言える食べ物です。基本的に油で揚げたスナック類は似たような物ですので止めた方が良いといえます。では何を食べればいいかというと、サラダなど野菜や果物が好きな人ならそういう物を食べるのが良いと思います。できれば野菜や果物類などがよいでしょう。
また、野菜や果物類でオススメなのがミキサーを使った飲みやすいスムージーです。高級なミキサーも材料も一切不要で、お気軽に実践できますので是非お試しください。

check

iphone 買取
http://goldshirorom.com/
Qoo10
http://www.chubu3d.com/
観葉植物 通販
http://e-ran.jp/
卒園記念品
http://www.710kasa.jp/

最終更新日:2016/11/21

ダイエットページトップへへ