diet ダイエットについてのページ

calorei and diet

カロリーとダイエット

カロリーを左右する最大のポイントは「油」だといえるでしょう。炭水化物とたん白質は1グラム4キロカロリーに対して脂肪は1グラム9キロカロリーあり、倍以上です。料理をする時には出来るだけ炒め物は避け、蒸すか湯で物にすれば良いしょう。肉は特にフライパンに油引いて焼けばカロリーは跳ね上がるのですが、茹でて食べれば肉自体の脂肪分も抜ける為カロリーは少なくなり気にせず食べる事が出来きます、サラダなどのドレッシングもノンオイルやオイル分を減らしてある物に変えるなど工夫をすると良いと思います。

 

痩せようとおもってダイエットを始めた後、食事を減らした時に最初の1週間くらいはすぐに体重が落ちたのにそこから全然落ちなくなった、ダイエットした事ある方ならこの経験がある方は沢山いると思います。これは体が防御体勢に入り代謝を落しているのです。人間の体とは今の状態を維持しようとする働きが有るため、カロリーを減らせば代謝を下げカロリーを多く取れば代謝をあげて今の状態を維持しようとする性質があります。ではカロリーを落しても代謝が下がらないようにするにはどうしたら良いかというと、これには適度な運動が効果的です。例えば、通勤時の駅を1つ手前で降りて家まで歩くとか、家での軽いストレッチなども有効となります。普段の私生活に体を動かす事を取り入れましょう。体の細胞の入れ替わりは、3ヶ月がおおまかな単位となっていますので、2日や3日で何キロも痩せようなんて事は考えずに、長い目で考える必要があります。短期的に落ちたり増えた体重は体内の水分や食物の残留量の変化による物の場合が多く結局は元に戻ってしまいます。

 

カロリーをコントロールすることは日常生活において、カロリーバランスの意識を高めるために必要なことといえます。ダイエットに必要なカロリーコントロールとは、単純にカロリーを減らすことではなありません。カロリーだけを意識すると、食べなければ簡単に痩せれるはずですが上記のようにそれはあまりよくありません。もちろん、カロリーを減らすと痩せやすいし、ダイエット方法のひとつですが、それだけではなく、積極的に体を動かすようにしましょう 本当に効果のあるダイエット方法とは、痩せる栄養の摂り方のことなのです。ダイエット中にカロリーと一緒に失いがちな、普段の健康維持に必要なマルチビタミンや必須アミノ酸などの栄養素は、多く摂ってあげなければいけないといえるでしょう。また、栄養を摂り方を意識的に改善することによって、便通を促し、体内の不要物の排出を促進したり、脂肪燃焼効率をアップさせて痩せやすい体にしたりすることができます。また、食品に含まれる成分によっては、摂取したエネルギーが脂肪として蓄積されるのを抑制したり、エネルギー効率を大きく向上させることも可能となります。そして、カロリー制御に加えて、ダイエットに必要な栄養の摂り方も一緒に覚えてきたいものです。必要な知識は健康的に痩せるために何が大切なのかを頭に入れ、実践することなので、知識がないと楽しく痩せることができません。この楽しく痩せるということが重要で、このことはダイエットの継続につながり、理想的な体型を維持しやすくなります。

check

和歌山でボートダイビングをするなら

Last update:2017/7/27

ダイエットページトップへへ