diet ダイエットについてのページ

make the body which is hard to gain weight

太りにくい体を作る

太り難い体とはどんな体のことなのでしょうか?私たちの体は絶えず、皮膚や骨・筋肉などを維持する為に食事から取るエネルギーを燃焼しながら成り立っています。つまり何もしないでもエネルギーを消費しているのですが、この何もしてない状態でもエネルギーを効率よく消費できる体が太り難い体というわけです。

 

痩せてる人と太っている人の違いは何でしょう。特に普通の食事をしているのに太っていたり痩せていたりする人がいて、体つきに違いがありますが、この理由は、普段から脂肪が燃焼されるような身体的構造になっているかいないかということです。例えば、遺伝的な要因で体質的に脂肪を燃焼するような方というのがいますし、では遺伝的にそのような能力を持ち合わせてない方たちはどうなるのかと言うとすこし難しい問題だといえるでしょう。では、太りにくくなるにはどうしたら良いかということなのですが、一番好ましいのが筋肉の活性化と筋肉量の増加があげられます。これは適度な運動や生活習慣で補うことができます。筋肉が活性化していると何もしないで要る時のエネルギーの消費量が高くなるのです。

 

運動と言っても色々あるのですが、大きく分けると有酸素系と無酸素系に分けられると思います。有酸素運動はウォーキング、ジョギングの様な長時間に渡って呼吸をしながら行う物、無酸素運動は、短距離走、重量挙げの様な呼吸をせずに行う物です。有酸素系の方は、体の脂肪を燃焼しやすくし、無酸素系が筋肉量の増加をする働きをします。ですので、「太り難い体作り」と言えば有酸素系の運動をやるのが正解ということになります。このため、歩く機会があれば積極的に歩くのがよいのではないでしょうか。また、自宅で簡単に出来お薦めの運動としては、膝を着いた腕立て伏せがおすすめです。普通、腕立て伏せといえばつま先を支点にして行うのですが、体重が増えてしまった方などでは、非常に負担が大きいですし、出来たとしても然程回数が出来ないはずですので、膝を着いた状態で10〜20回行うと良いと思います。また、膝の屈伸等もよいでしょう。イメージとしては和式便所に座って、それから立つ、と言う動作を何回か繰り返します。いわゆるスクワットですね。この動作が辛い人などは、始めは何かにつかまりながらでも良いので動いてみましょう。この他、腹筋や、ストレッチなども有効です。

 

また、ダイエットに効果的なウォーキング方法は、普段の歩行より5cm歩幅を広くして歩き、通常より意識して歩幅を広くすれば良いでしょう。これによって日常生活では使われなかった筋肉が刺激されて、お腹がヘコミ、心肺機能が強化され、新陳代謝が活性化するというデータが数多くあると言われています。

 

ダイエットトレーニングをするのは良いことですが、オーバートレーニングには気を付けましょう。普通に運動を楽しんでいる程度の方は、なる事は少ないと思うのですが、プロスポーツ選手や本格的にスポーツを生活に取り入れている方は陥りやすい症状です。これは自分の能力以上の運動を行う事でエネルギー等を必要以上に消耗してしまう状態のことで、脂肪がエネルギーとして利用されるなら良いのですが、オーバートレーニングになると筋肉が消耗され骨も消耗される事があります。当然、人間の体には回復作用があるので休めば回復するのですが、トレーニングの効率を下げる事になるので、スポーツ選手の世界では注意しなければならない事になっているため、ダイエットにおいてもダイエットの効果を縮小する事になりかねません。

check

文京区にある永代供養墓の口コミ

最終更新日:2017/9/11

ダイエットページトップへへ