diet ダイエットについてのページ

when i diet

ダイエットをするときには

1日3食は普通に取るということがダイエットの基本になります。体は、食事をエネルギーとして燃焼して、細胞が古くなったら新しい物に取り替えてと日々動いていて、この入れ替わる動作を新陳代謝といいます。当然、食事から取るエネルギーがあるからこの代謝が円滑に進むわけですが、このエネルギーが外が入ってこないと自分の体からエネルギーを取って補おうとします。そして、体は今度いつエネルギーが入ってくるか分からない為に代謝の効率を下げ溜め込む動作に入ります。そうなると健康に痩せる事は不可能になりますし、また血糖値が安定すると体は脂肪は必要無いものだと認識してしまいます、1日3食、これだけは守りるようにしましょう。我慢して極端に食事を減らす必要もありません、食事を減らせば体はそれに反応し代謝機能を下げるため、体が使うエネルギーの量を落とします。このため、かえって痩せにくい体質になってしまいますので、、これも避けましょう、だからと言って沢山食べ過ぎるのはもちろん厳禁です。

 

また、これもよく言われていることですが、間食やお菓子は食べないということが重要です。これは上の条件とはちょっと矛盾するのですが、やはり痩せようと言う気があるなら無駄なカロリーは取らない方がよいでしょう。お菓子を家に置いておくと食べてしまうと思いますので買うのをやめれば自然と食べなくなると思います。また、夜食も避けた方が良いでしょう。これは副交感神経が、夜には溜めの動作に入るため、食べたものがそのまま蓄積してしまう。といった理由からです。つきあいなどでどうしても避けられない場合は昼食や夕食をかる〜く取るだけにして準備をしておきましょう。

 

また、ストレスや疲労は出来るだけ貯めない様にしましょう。これらの要因は体の代謝機能に影響を与えますので、出来る範囲で避けることが重要です。

また、水分を十分取ることが重要です。人間の体は大半が水分でできており、各細胞に栄養を運んだり老廃物の排出をしたりと、ほとんどの事に水分は関与しているため、効率的に水分が補給できなければ痩せる事も難しいのです。一般的には1.5リットル/日を飲むのが理想とされています。また水道の水をそのまま飲むよりもミネラルウォーターや、浄水器を通した水が良いと思います。痩せたいと思い運動をしたりダイエット用のサプリメントを取ったとして、例えば強度の強い運動を1〜2時間したとしても消費するカロリーは 100や200キロカロリー程度しか消費できません。また筋肉増加による基礎代謝増加での消費も所詮は100〜200キロカロリー前後の増加にしか過ぎません。ダイエット用のサプリメントで例えば脂肪の吸収を妨げる物を取ったとしても1日の食事から200〜300キロカロリー前後を減らせる程度となります。しかし、現代の外食では1食で1000キロカロリーを超えるのは特に珍しくないという状態で、このような状況では運動やサプリメントに重点を置くよりも、食事に重点を置いた方が遥かに効果が高いと思われます。もちろん、適度な運動やバランスの良い食生活の為にサプリメントは重要だと思いますが、無駄なカロリーは出来るだけ避けるよう心がけましょう。

recommend

ポリ袋にオリジナルに作る

2017/8/18 更新

ダイエットページトップへへ